ドロップシッピング・アフィリエイト&情報商材・プロの力を借りよう!
ドロップシッピング・アフィリエイトで稼げるって・・・できている?実力で情報商材販売やマーケット力を発揮しているプロの力を借りよう。アクセス アップで稼ごう。アフィリエイトやドロップシッピング関連や情報商材が分かりやすく登場!プロの力を借りよう。

2009年02月17日

確定申告 所得税と医療費控除

確定申告
所得税と
医療費控除申告

ここから手続きが出来ます。
e-tax国税電子申告・納税システム
システムの流れにそって作業することができます。


e−tax使って確定申告をする方法
1)準備するもの
  発行期間名:公的個人認証サービスでの方法
@電子証明書の取得・・電子証明書とは→こちら
●電子証明書はあなたの街の市役所でもらえます。
(申請者の住民票のある市区町村)

●持参するもの
・印鑑
・免許書・パスポートなど公的な身分を証明できるもの
(本人確認できるもの)
・住民基本台帳ICカードに顔写真を載せたい場合は、
  無背景の顔写真1枚(サイズは免許書用)
  写真載せないなら不要
・1000円
(電子証明書代500円・住民基本台帳ICカード代500円)
A公的個人認証サービス対応ICカードリードーライター
 家電ショップやインターネットから購入できます。
 パソコンにつないで、個人認証をするために必須。
 インストール方法に沿ってインストール設定を行う。

☆e−taxで使用できるその他の電子証明書は → こちら


2)パソコンの環境設定
  Microsoft windows xp OK 詳細 → こちら


3)開始届出書の提出

「電子申告・納税等開始届出書」はe-Taxの利用者が事前に納税地を所轄する税務署に提出します。

@開始届出書をオンラインで提出
 「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー」から
入ります。
詳細はこのコーナーの手順で行ってください。
・ルート証明書インストーラーをクリックしインストールする
・届出書の選択(個人や法人など)
・利用者識別番号を取得するための手続きです。
 番号の通知がオンラインでされますので大切に保管!
(e-Taxにログイン時、本人認証のために必須です)
・以下、手順に従う

 なお、開始届出書は書面で提出することもできます。
(「書面による開始(変更等)届出」)。


 特定納税専用手続を利用する場合は、開始届出書をオンラインで提出不可ですので(書面での提出をしてください)。

4)e−taxソフトをインストールする。

(3でインストールしていれば必要ない)
 ダウンロード → こちら

登録には
1.利用者識別番号等が必要です。(前項)
2.電子証明書が必要です。(準備の項)
   ↓
5)初期登録をします。
1)初期登録作業
(利用者識別番号等をオンラインで取得された方)

 e-Taxソフトを起動させ、利用者ファイルを作成した後、
 受付システムにログインし、電子証明書等の登録等を
行う。
利用者ファイルの作成
・ 納税確認書番号の登録
・ 利用者ファイルの作成
・ 利用者確認番号当の登録
・ 電子証明書の登録
・ メールアドレスの登録(任意)

6)確定申告をします。
(e−taxを利用しない方も、ここで確定申告用資料は作れます。その後、印刷して書面提出)


流れにのって確定申告ができます。数値など入力画面にいってから中断したいときは、都度保管します。

次からは読み込み画面から続きの作業ができます。


確定申告作成コーナー 
https://www.keisan.nta.go.jp/h20/ta_top.htm

以下選択して、進みます。
次へとでていたらそのボタンをクリック又は項目ボタンをクリック


@作成開始
A所得税の確定申告書  
B作成コーナー:所得税
提出方法   :e−tax

Cすべての項目が終了できているか確認
    ポップアップブロックが解除されていない場合は
ここで行う。
 電球マークをクリックして手順に従う。
その他も全部チェックされないと、次にすすめません。
 すべての項目が実施されていることが必須です。


D電子申告を行う際の確認事項(登録編)
 すべての項目が完了していることを確認する。
E申告書等作成開始

7)確定申告入力に入ります。
各項目を押すことで入力ができます。
@収入がある場合は項目別に入力
 ●源泉徴収票
 (年途中で会社を退職した場合は、確定申告要)
 ●一時所得(保険や共済会の脱退一時金など)
  経費とは自分の支払った金額です。
 (税金は(収入−経費)×1/2が所得税の対象)

 ●退職金は会社で所得税申告・引落済なので不要。
  所得税が引かれていない場合は申告が必要です。

A社会保険料
 源泉徴収票の内容を入力
 それ以外に国民年金を支払っていれば、その内容を入力
(証明書が郵送されている)

B損害保険料の入力・・証明書必要です。
(e−taxでも証明書提出必要)
C生命保険料の入力・・証明書必要です。
(e−taxでも証明書提出必要)
 証明書添付は金額によるので、内容確認してください。
(手続きしていく中でわかります)
D医療費控除の入力・・家族全員の合計が一括で
 10万円を越えた分が控除の対象になります。           領収書は添付必要です。
(電子証明できる証明書なら不要だが、ほぼ提出要)
 ●一覧表を入力し合計をだす。                   合計計算済なら合計だけでよい
 ●一覧表をエクセル作成していたら、
  それも印刷して書面提出する。
Ee−tax控除・・初回は5000円の控除ができます                入力
Fその他は項目にしたがい入力してください。
G還付金が発生する場合は、振込先銀行を登録。
He−tax提出日入力
I地方税の支払い方法選択
Je−taxで送信
K●●年分の申告書等送信票(兼送付書)を印刷し、
 支持された内容のものを、管轄税務署宛に郵送する。

☆還付金は2週間程度で、振込まれます。
(国税還付金振込み通知書がきます)
☆所得税の支払が必要な方は、速やかに振込みを行います。
納付期限までに金融機関、所轄の税務署の納税窓口で納付。
電子申告をされるかたは電子納税も利用できます。
注意:確定申告書の送信後に納付書の 送付や納税通知書による
お知らせはありません。

以上、簡単に書きましたが、確定申告納税システムに忠実に流れに沿って行えば実施できます。
e-taxしない方は申告書作成開始から行い、必要書面を全部、所轄税務署に提出します。



注意:カードリードライターのインストールを最初に行うことがお薦めです。
最後の送信のところでエラーが発生する場合がありますので、注意です。
それでも回避されない場合は、ツール→インターネットオプション→ファイルの削除→再起動を行います。

心配でしたら、エラーが出た画面のままで、税務署のヘルプディスクに電話をかけましょう。
そこから、丁寧に指導をしてくれます。画面は閉じてしまっても、処理できます。
問い合わせしましょう・
方法は自宅では1月からできます。還付金のある場合は手続きが一度で問題なく終了できれば2週間後くらいの2/13頃には振込まれます。混み具合にもよりますが・・

自宅で実施しない場合は、税務署や所轄の指定された場所で申告ができます。
2/15からの一ヶ月間です。


アフィリエイト収入は年20万円以下なら、所得税発生しないと思います。調べてね!   



 

posted by hirokatoshiiko at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 所得税と医療費控除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。