ドロップシッピング・アフィリエイト&情報商材・プロの力を借りよう!
ドロップシッピング・アフィリエイトで稼げるって・・・できている?実力で情報商材販売やマーケット力を発揮しているプロの力を借りよう。アクセス アップで稼ごう。アフィリエイトやドロップシッピング関連や情報商材が分かりやすく登場!プロの力を借りよう。

2009年04月07日

違反広告宣伝メール 禁止法律

同意のない人への広告宣伝メール法律で禁止されたことをご存知ですよね?

問い合わせ
消費者生活センター
電話221−1056
FAX 221−1291


迷惑メール防止
特定電子メール法が2008年改正!

広告宣伝メールを送信する場合は、送信する相手の同意を得ることが義務付けられています。


[広告宣伝メール]
広告宣伝メールとは、営業上のサービス・販売・商品の情報を広告・宣伝する電子メールのこと。

商品やサービスを宣伝しているブログやサイトに誘導する電子メールも含みます。懸賞当選や知人・友人からのメールを装ったもので、ブログやホームページなどサイトに誘導する電子メールもこれにあたります。

[同意]
広告宣伝メールはあらかじめ同意した人にたいしてのみ、送信がみとめられます。これは2008年の法律改正によって定められたものです。


メールでのおしらせ受信という欄にチェックを入れた人にだけ送信される仕組みです。


メール送信者は同意があたという記録をのこさなければなりません。


それに加え、広告宣伝メールには配信解除・配信停止のリンクをはったり、手続き方法がわかりやすく表示するなど、いろいろな情報を表示することが義務づけられました。


[海外からのメール]
同じく海外からのメールも対象ですよ


[罰則]
メール送信者の正体を隠すために他人のアドレスを装ったなど送信情報を偽った場合は罰則・・・1年以下の懲役、100万円以下の罰金!

法人に対しては3000万円以下の罰金・・もちろん行為者を罰します。

同意のない人に宣伝広告メールをおくったり、表示義務に違反はこわいですよー

まずは総理大臣による命令→命令に従わない場合は、上記と同様な罰則が課せられます。

[迷惑な広告宣伝メール相談]
出会い系迷惑メールもそうですね。
困っていますよ・・・解除できないし、


そんな場合は日本データ通信協会の迷惑メール相談センターに、メールをそのまま転送しましょう。

転送先アドレス:meiwaku@dekyo.or.jp


提供された情報は総理大臣による違反送信者への措置など、迷惑メール対策に活用されます。

日本データ通信協会の迷惑メール相談センターホームページ



posted by hirokatoshiiko at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 違反広告宣伝メール 禁止法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。